写真を売るサイトの解説。海外のイラスト・写真を売るサイト情報を日本語で解説。安いレンタルサーバ。年額で独自ドメイン、複数ドメイン利用可能のサイト。格安素材集、激安の著作権フリー素材サイトなど

質問・お問い合わせ
TOP >> クリエイター知っ得  >> パソコン   >> PCで節電

PCで節電

いまのPCで節電を考える

3.11の未曾有の震災で給電の重要拠点の福島原発が停止。東京は計画停電をしなくてはならず、夏場にはエアコンを使う頻度が高くなり消費電力が増してしまいます。今の発電許容範囲を超えてしまう可能性が考えられますが、経済活動もしなくてはならないのも事実。パソコンを使うクリエイターにとって仕事はしないといけません。
そこで、仕事をしながらでも節電できる方法があります。
これで日本全体の何かが変わると思ってはいませんが、今あるパソコンを生かして節電してみようと思いました。

節電効果があるのはHDD

PCの中で一番簡単で節電効果があがるパーツはHDDです。ここに消費電力量を表にしました。(1日8時間を週5日使用したとして計算)

HDD 接続規格 回転数 (毎分) 消費電力 (read & write) 電気代/月 (東京電力)
3.5inch HDD SATA2 7200rpm 約5.7W - 約7.1W 23.5円 - 27.4円
2.5inch HDD SATA2 5400rpm - 7200rpm 約2.5W 19.6円
SSD SATA2 SATA2 約1W以下 3.9円

見て理解できると思いますが、3.5インチHDDより2.5インチ、2.5インチHDDよりSSDの方が消費電力が少ない事が分かると思います。なぜ、SSDが消費電力が低いのにあまり使われていないかというのは、3.5インチ、2.5インチHDDに比べ保存容量が多ければ多いほど高価という事です。そのかわり前者と比べてアクセスが早く、CPUが早ければ体感効果も上がります。
*SSDは仕組み自体が回転するものではなくRAMメモリのチップのようなものが沢山入っているような感じだと思ってください。

SSDにしろとは言いませんが、3.5インチを2.5インチへ

上記の表のとおり、3.5インチHDDからSSDにすることで1台あたり20円以上、3.5インチHDDを2.5インチHDDにすることで1台月10円近くの節電になります。
前述したように、SSDは高価です。できればSSDがもっと安価になればSSDに飛びつくのですが、日を経る度、保存容量が高くなり、安価になっていますので将来的に期待が持てます。

お勧めHDD・SSD・その他

2.5インチハードディスク

ST9500420ASG 【500GB/SATA/HDD】7200rpm Seagate
ST9500420ASG 【500GB/SATA/HDD】7200rpm (9.5mm厚)
HGST 0S03085 【750GB/SATA/HDD】5400rpm HGST
0S03085 【750GB/SATA/HDD】5400rpm (9.5mm厚)

SSD ソリッドステートドライブ (2.5インチサイズ)

容量が少ないので、OS起動ディスクとして活用すると効果を発揮します。
CFD CSSD-SM64WJ3 【64GB/SATA/SSD】 CFD
CSSD-SM64WJ3 【64GB/SATA/SSD】
インテル SSDSA2CT040G3K5 【40GB/SATA/SSD】 Intel
SSDSA2CT040G3K5 【40GB/SATA/SSD】

外付けHDDケース (2.5インチサイズ)

いままでの外付け3.5インチHDDを外付け2.5インチへ変更すると節電効果も得ることができます。
クレバリー CB-HDCASE06S25U2-SV クレバリー
CB-HDCASE06S25U2-SV
EZ-DigiX EZ-HDCS25U2-BK (SATA用) EZ-DigiX
EZ-HDCS25U2-BK
TIMELY/タイムリー PORTER125SA TIMELY/タイムリー
PORTER125SA (12.5mm厚HDD対応)


この記事を読んだ方は以下の内容も見ています。



コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、このサイト管理者の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
名前:

Mail :

URL :

この情報を登録しますか?
(チェックすると次にコメントする時にスムーズにコメントできます。)


コメント: