写真を売るサイトの解説。海外のイラスト・写真を売るサイト情報を日本語で解説。安いレンタルサーバ。年額で独自ドメイン、複数ドメイン利用可能のサイト。格安素材集、激安の著作権フリー素材サイトなど

質問・お問い合わせ
TOP >> (格安)レンタルサーバ  >> サーバ機能   >> サーバ概要

サーバ概要

レンタルサーバ・ホスティングで必要不可欠な情報です。

  • データ保存容量(bandwidth,transfer)

    ウェブサイトのデータ保存スペースです。新規に開設する方はあまり多くなくていいと思います。なぜかというと、テキストベースのウェブサイトは1ページあたり大体30kb~50kb程度です。10ページ作成しても、300kb~500kb程度、フロッピーディスクに余裕で入る内容です。グラフィックベースのウェブサイトにしてメールのデータ容量を考えたとしても、50Mbもあれば余裕がありすぎるほどです。
  • 初期費用(setup fee, first)

    サーバを借りるときに最初に必要とされる費用です。・・・されるというのは初期費用なしというレンタルサーバもありますし、それなりに最初の設定に手間がかかる理由で払う所もあります。
  • 料金(fee,payment)

    サーバを借りるときに毎月、毎年かかる費用です。ここで紹介している以外に月何百円から数万円の幅があります。それなりに考えられてしっかりした所もありますが、値段が高いから良いって訳でもありません。
  • データ転送量(bandwidth,transfer)

    大体1ヶ月で決められたデータ転送量(閲覧者がウェブサイトを見る際も適用されます)が決められていて、そのデータ量です。保存容量とページビュー(閲覧者が見る回数とページ数)に左右されます。多い方がいいです。無制限という所もあります。以前は無制限だとスパムメール(嫌がらせメール)やデータ量の多いサイト(動画配信等)の温床になりやすく、サーバー自体に負荷がかかりやすく、ページ表示が遅くなってしまう可能性がおおいにありましたが、監視しているサーバが増えてきました。もし転送量制限がある場合の目安は保存容量100Mbの場合データ転送量1000Mb(1Gb)程度、200Mbの場合は2000Mb(2Gb)程度で全然問題ありません。
  • バックボーン(data width, backborn)

    ウェブサイトを見るとき、あなたのウェブサイトのファイルをそのレンタルサーバーに保存する時のデータ転送の早さやウェブサイト閲覧に関わる数値です。実際契約してみないと分からない場合が多いです。データ転送量が無制限の場合や会社情報がはっきりしない場合は一応注意した方がいいです。主要都市のデータセンターに置いてあるサーバであればいいとは思いますが、まだ不透明なところが多いのが現状です。


この記事を読んだ方は以下の内容も見ています。

コメント

この記事はコメントできません。もし質問・要望のある方はこちらにお問い合わせください。